サービス一覧

service/regulations

就業規則の作成

就業規則の作成

就業規則の作成

こんな要望をお持ちの方へ

  • 労使トラブルに対する不安を解消したい
  • 従業員が増えたので会社のルールを定めておきたい
  • 問題社員をなんとかしたい
  • 助成金を申請したい

労務トラブルを防ぐために

  • 従業員を一人でも雇えば、労務トラブルが発生する可能性があります。
    発生した際、または発生を防ぐために有効なのが就業規則です。
    Bricks&UKでは、会社を守るための就業規則・その他諸規程の作成・改定を行います。

  • 労務トラブルを防ぐために

就業規則とは?

  • 労働時間や給料・休憩時間・休暇、果て罰則の条件などが定められている、職場のルールブックです。
    会社の成長には社員の能力意欲が存分に発揮できる職場のルールづくりが必要です。
    労働基準法の規定により、法人、個人事業を問わず常時10人以上の従業員を雇用する場合、事業主に作成が義務付けられています。
    法律の定めに従って内容を決定し労働基準監督署に届け出ること、さらに労働者にきちんと内容を知らせることによって初めて規則として有効になります。

  • 就業規則とは?

就業規則が必要な理由

1.コンプライアンス

就業規則を法令に適合したものになるようにします。
法改正や行政通達、判例などの情報をきちんと押さえ、対応させます。

2.リスク管理

就業中に従業員にとってほしい行動、やってはならない行動を規定します。
情報管理、セクハラ・パワハラのことなども定めます。
また、これらの規定に違反した場合のために「懲戒」を定めます。

3.人材の活用と活性化

人事処遇制度(格付や等級・役職、人事評価制度など)が分かれば、自分の将来像、そして キャリアプランを考えることができます。
そのことが活性化につながります。
福利厚生や安全衛生のことが具体的に示されていれば、働く安心感につながります。

4.助成金申請

多くの助成金が、支給の条件に就業規則の写しの提出を求めています。
特に人気のキャリアアップ助成金を申請する場合、就業規則には、正社員登用の時期、登用試験を受けられる対象者、登用のための手続などを定める必要があります。

Bricks&UKの就業規則作成

Bricks&UKはどのような規則を作るの?

1.経営戦略を考慮した就業規則

就業規則を単に社員を管理するツールと考えるのではなく、会社と社員が一丸となって発展できるよう、クライアント様の事業規模、業種特性等はもとより、クライアント様の経営理念・企業文化・組織制度を熟知した上で就業規則の作成・改定を行います。

2.労務管理リスクに対応した就業規則

解雇問題、情報漏えい、休職者が出た場合の対応、さらには未払い残業代など、労務管理上のリスクは思わぬところに潜んでいます。これらのリスクを未然に防ぎ、またトラブルが発生しても慌てずに対応できる就業規則の作成・改定を行います。
※労働関係諸法令は頻繁に改正がありますので、2年に1度は就業規則の見直しをされることをお勧めします。

労働保険・社会保険手続きサポート

Bricks&UKのサポートはどんなもの?

①就業規則無料チェック(既にある場合)

既に作成済みの場合は、リスクがないかチェックいたします。
赤、黄、青の色ごとに危険度を分けご説明、変更案を提案します。

②ヒアリング

現状の労働実態、問題点、ご希望をヒアリングいたします。

③打ち合わせ(2~3回)

前記のヒアリングから問題点を整理報告するとともに、弊社の素案から条文を細かく解説し、検討・打合わせをします。

④労働基準監督署へ提出

弊社作成の意見書を添えて、労働基準監督署へ提出します。従業員向けの説明会の開催も可能です。

サポート料金はいくら必要?

就業規則の作成(賃金規程・育児介護休業規程を含む)
250,000円~
就業規則の変更
50,000円~
退職金規程(制度導入を含む)
200,000円~
賃金制度設計
250,000円~
再雇用、出張旅費等その他規程
各30,000円

詳しい内容・各種ご相談など、
お気軽にご相談
ください。

  • もう少し話を詳しく聞きたい方
  • こんなこともやってくれるの?という質問をお持ちの方
  • 不安や疑問を解消したい方
東京03-6222-8541、名古屋052-228-0758、三河0564−64−5780

お問い合わせフォーム

Bricks&UK