解決事例

cases/strategy

戦略人材マネジメント

戦略人材マネジメント

戦略人材マネジメント

  • Bricks&UKは事務所内に社会保険労務士をリーダーとする労務チームがあります。
    労務チームは税務チームと連携して給与計算、保険手続き、助成金等の代行を行っていますが、従業員の定着率が悪い、モチベーションアップが図れない、社長の思いが従業員に伝わらない等の問題にも対応できる、戦略人材マネジメントをご用意しています。

  • 戦略人材マネジメント

解決事例集

戦略人材マネジメントで売上が25%アップ

売上げアップ A社

    【抱えていた問題】

  • ・従業員がなかなか自分から動いてくれない

    A社は飲食業。「従業員がなかなか自分から動いてくれない」という課題を抱えていた。

Bricks&UKの戦略人材マネジメントをご紹介

    【解決方法】

  • 改善点

    A社の従業員にヒアリングをしたところ、「一生懸命働いても、どの様に評価されているのかの基準が分からない・・・」等の意見をいただく。
    そこで、社長の思いを戦略として取入れ、分かりやすい基準を設け、就業規則・賃金規定の改善を行う。

    全従業員にご説明させていただき、質疑に応答する。

  • 実践後

    就業規則・賃金規定は、その会社の戦略が盛り込まれていなかったり、全従業員が価値基準を知らなければ意味がありません。
    戦略人材マネジメントを実践し、「社員の意識が変わり動きが良くなった。結果として売上が25%アップした」とのお声をいただきました。

戦略人材マネジメントで過去最高の売上を達成

売上げアップ B社

    【抱えていた問題】

  • ・社員全員で考え全員で取り組むようにしたい

    B社は建設業。何事も社長が自ら考えて1人で取り組んでいた。
    仕事は社員全員で考え全員で取り組んだ方が生産性が上がる事は理解していたが、具体的なアクションができなかった。

Bricks&UKの戦略人材マネジメントをご紹介

    【解決方法】

  • 改善点

    就業規則の作成する。
    就業規則をきっかけに戦略人材マネジメントを実践する。

  • 実践後

    経営指針や社長の考えを社員に浸透することによって、社員が目標を持って仕事に取り組むようになりました。
    その結果、売上は過去最高を達成しました。

Bricks&UK