解決事例

cases/saving

節税

節税

節税

  • 節税のスキームは、毎月数字を見ながら行うものと、中長期で計画的に行うものがあります。
    いずれも日本の課税制度を理解し、戦略的に着地する必要がありますので、スキルが高く豊富な事例を持っている税理士事務所とお付合いをしないと損をしている可能性があります。

  • 節税について

解決事例集

節税アドバイスが少ない税理士とお付合いして損をしていた例

節税されていなかった A社

    【抱えていた問題】

  • ・税理士の対応が杓子定規で税金が高い

    A社社長は、毎年決算後に税理士さんからいわれる税額にびくびくしていた。
    その税理士さんは、お付合いが長く、顧問料は安く、税務調査の対応でも不満はなかったが、税金に関しては杓子定規で「納税額で表彰されるのは良い事です」と言われていた。

Bricks&UKに相談で解決!

    【解決方法】

  • ご提案

    税金を合法的に節税する方法を色々ご紹介。
    節税によるキャッシュフロー改善の効果をご説明。
    A社社長が要望する納税額の着地点をご確認し、戦略的節税をご提案。

  • 実践後

    節税方法を理解する事が、戦略的な経営にも役立つ事がわかったとお喜びいただき、税理士事務所をBricks&UKに変えられた事例です。

中長期で計画的に節税を行った例

中長期の節税 B社

    【抱えていた問題】

  • ・B社の役員が5年後に退職する予定だが、役員退職金を積み立てても経費にならないため、何か良い方法がないのかと考えていた。

Bricks&UKに相談で解決!

    【解決方法】

  • ご提案

    節税効果が大きい保険を提案。

  • 実践後

    毎年役員退職金を積み立てる代わりに、役員の退職時に解約返戻金が大きくなる保険に入りました。
    毎年経費として処理される保険料を支払うことで、保険解約返戻金は退職金と相殺され節税が図れます。

Bricks&UK